賀来歯科医院HOME / 入れ歯

入れ歯

入れ歯Q&A入れ歯の種類BPS義歯

入れ歯Q&A


保険の義歯と自費の義歯とはどう違うのですか?
  1. 総義歯の場合
    保険の義歯はプラスチック床で自費の義歯は金属床です。
    プラスチックは割れやすいので、ある程度の厚みを持たせて作っていますが金属床は薄く作ることが出来るので異物感が少なく快適です。
    金属はチタンが軽いとされています。
  2. 部分義歯の場合
    保険の義歯は使用できる部品・材質が決められています。
    自費の義歯は歯に掛ける針金をなくしたり、歯の色に似せた材質のものを使え、審美的な問題を解決できます。
  3. 噛みぐあい
    保険と自費にかかわらず,噛んだ時の違和感や痛みなどは医師の経験や技術によりかなり違ってきます。
    保険の場合は既製品の服を買うのと同じで、入れ歯の不具合をある程度我慢しなければならないことが有るかもしれません。
    自費の場合は歯科医が考えている最高の治療が可能なので歯科医の能力がフルに発揮できます。
    患者様と歯科医とで協力してより良い入れ歯を作ることができます。
  4. 材質について
    保険の義歯と自費の義歯との大きな違いは床の部分に用いる材質の違いにあります。
    保険の義歯床はレジン(プラスチック)に制限されており、自費の義歯床はチタンや金などの金属を用いて製作されます。
    プラスチックは割れやすいため、強度を増すために床の部分に相当の厚みを持たせて作ります。
    そのため、患者様がたは分厚い床の部分に最も違和感をもたれるようです。
    金属床の義歯では床の部分を薄く作ることが出来ますから、異物感はレジン床に比べて少なく、話す/食べるというお口の最も重要な機能を快適に営むことが出来ます。
    また、金属床では精密に患者様の口腔内を印象し精巧に製作をいたしますので適合性に優れ、丈夫で長持ちします。
  5. 噛み心地について
    レジン床は例えば部分義歯の場合などは、噛むときの床のたわみやずれを防ぐために固定する針金(クラスプ)をかけられている健全歯のみに大きな負担がかかり、義歯によって歯がぐらぐらと揺さぶられ、結果として歯と歯周を傷めることもあります。
    金属床の部分義歯では患者様の口腔に対する適合が良いため、義歯によって健全な歯を傷めることは稀である、といえるでしょう。

入れ歯の種類

 レジン床(保険)

健康保険制度は誰もが気軽な窓口負担で一定水準の治療・補綴を受けることが保障されている制度ですが、使用出来る材料や与えることの出来る形態などの制限により自費診療ほどの噛み心地を得ることは難しいようです。

しかし当院では自費診療の高度なノウハウを生かし、保険診療の制限範囲の中で患者様の満足を最大限に引き出すことをモットーとしております。

プラスティックでできた入れ歯で保険が適用されますので経済的です。
しかし、材質、形態などに制限があります。

金属床 金属床

金属床は入れ歯の主要な部分を金属で作った入れ歯のことをいいます。
レジン(プラスチック)に比べ丈夫な金属を使うので、しっかりと固定され、たわまない、丈夫な入れ歯を作ることが出来ます。
また、食べ物の温度を瞬時に伝えることができ、食事を快適に楽しむことが出来ます。

チタン床 チタン床

チタンとは、ロケット、航空機などのハイテク分野から、最近は眼鏡のフレームやスポーツ用品など、近年話題の最先端金属であり、生体にとてもよくなじむ素材として昔からインプラントをはじめとする様々な〜に利用されております。
安定した皮膜に包まれており、金属の消耗や溶解が起こらないのでアレルギー等が発生しません。
また、口の中でスプーンをなめた時のような金属特有の味がしないので、味覚の違和感が無くお食事を楽しむことが出来ます。 一般的に入れ歯に用いられる金合金の約1/4の重さでとても軽いです。

ゴールド床 ゴールド床

ゴールドは腐食による変色が起こらず、溶け出しにくいため金属アレルギーも起こりにくい、体に優しいという特徴があります。
また、精密な加工が行いやすい金属でもあります。

コバルト床 コバルト床

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
厚みがレジン床の約1/5と薄く、口の中に入れたときの違和感が少なく、食事の際も熱がよく伝わります。
丈夫で、永く快適にご使用頂けます。

ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャー

金属のクラスプ(残っている歯に引っ掛ける装置)を使っていないので、審美性に富んでいます。
義歯床の厚さを薄く出来るので違和感が少なく、金属アレルギーの方にも最適です。

PAGETOP