賀来歯科医院HOME / 顎関節症・歯軋り・噛み込み・噛み癖

顎関節症・歯軋り・噛み込み・噛み癖

顎関節症顎関節症によく見られる3大症状として 顎の関節が痛い、口を開けると痛い、顎が鳴る 等があります。
これらの症状が悪化していくと 口が開けなくなる、目が充血する、動悸がする、首、肩こりがひどい、頭痛、、手が痺れる、
又症状が複合し長期化することから精神的に不安定になり、不定愁訴を訴えることになります。

マウスピースを使っての治療が一般的です。

顎関節症の原因として噛み癖が大きく関わっていると考えられます。ストレスの影響も考えられます。
噛み癖とは食事で多用する特定の顎や歯の位置を考えてもらうと分かり易いです。左右の違いで考えてみてください。
年中同じ側、場所で物を噛む事によって歯の擦り減りに差が出てきます。同時に噛み癖側の筋肉が鍛えられます。
その結果歯が擦り減った分、顎の関節が低くなり詰まります。
お口の周りの筋肉も多用している影響で縮み易くなっています。
顔の歪みの原因と考えられます。
顎の関節は頭蓋骨の底に当たる部分と下顎の関節の間に繊維軟骨でできた関節円板があります。
歯が擦り減り、筋肉が縮み伸びにくくなっている結果下顎の関節が本来あるべき位置より
若干奥深い位置に入り込みます。
バランスが悪くなってます。
その位置からお口を開ける時に3大症状が複合的に発生します。
進行するとお口を開けなくても痛みを伴うことがあります。

当院ではこれら初期の症状に対してはマウスピースを使わず、顎の使い方の指導を行っています。
顎の使い方を筋肉に覚えてもらうイメージです。
使い方を変えるだけで問題が解決することが多々あります。
但し、長年の体の偏りから発症している事が多いため、日常生活での癖、姿勢等の修正をして頂く必要もあります。
それでも症状が解消しない場合はマウスピースを導入します。

これらの問題に絡んでくるのが、噛み締め、噛み込みの問題です。
噛み締め噛み込みが強いことで顎関節症を発症しているケースもあります。
噛み締め、噛み込みの強いと全体的に、又部分的に歯の摩耗が起きてます。
その結果、歯が凍みる、歯が欠けた、壊れた、割れた、詰め物が取れ易い、
歯が短くなって(特に前歯)見栄えが悪い、等諸々の問題が起きます。
歯を支えている骨が丈夫なのですね。
逆にこの歯を取り囲んでいる歯槽骨が元々咬合の圧のストレスに弱いケースでは歯の動揺が顕著になり、
抜歯に至ることが多いです。

また、考える必要があるのが就寝時の歯軋り、噛み締めです。
本人が自覚していない事が多く診察時に発見することが多いです。歯を保護する、
症状を緩和させるためにもナイトガードを就寝時に使用することをお勧めしております。

PAGETOP