賀来歯科医院HOME / 噛み合わせと全身の関係

噛み合わせ、顎関節症と全身の関係

噛み癖

噛み癖噛み癖による弊害は多岐に渉ります。
単なる噛み癖の偏りから起こる場合も多くありますが、体型、体勢の歪みから起きる事も多々あります。
噛み癖の問題として一般に知られているものに顎関節症という症状があります。
顎が痛い、顎が鳴る(クリッキング)、開口障害、噛むと顎が痛い、頭痛、目の充血、ひどくなりますと顔の痙攣、動悸、手足の痺れを引き起こし、更には精神的に落ち込み数々の不定愁訴も訴えるようになります。
特定の歯の詰め物がよく外れる、全体の歯の状態は良いのに特定に歯だけ歯周病が激しい、歯が割れる。
またよくあるケースとして中々改善しない歯の凍み、歯の動揺、歯が欠けたり、歯のすり減りが強くなったりすることがあります。
これらの問題は噛み癖に原因があることがよくあります。
更に歯のすり減りが目立ってきた、前歯の歯並びが悪くなっている、下の顎の内側に骨の膨らみ、出っ張り(骨隆起)があるというのも全体的に強すぎる噛み合わせが原因であることが多いのです。
これらの問題に関しては噛み癖を変える治療、体勢改善指導、マウスピース、ナイトガード等の装置の使用で治療を進めています。

PAGETOP