賀来歯科医院HOME / 予防歯科 / 虫歯予防

虫歯予防

もちろん虫歯の予防においても歯磨きは重要です。

しかし残念ながら歯磨きだけでは、むし歯は防げません。
虫歯予防の最善策は食生活の改善です。
虫歯の元凶は糖分、とりわけ砂糖にあります。
食生活の改善とは、甘いものはなるべく摂らないようにして、たとえ食べるとしてもだらだら食べないようにすることです。
CMなどでおなじみのキシリトールガムですが、純粋なキシリトールには虫歯予防の効果があります。
しかし100%のガムは市販されていないのですがもちろん市販のタイプでも歯垢の形成を抑制する効果はあると言われています。
ただし市販のものの場合歯磨き後にガムをかむのはやめましょう。
また口腔内が乾燥しやすい方には、噛むことにより唾液の分泌を促し虫歯の細菌が出す酸を薄めて緩衝させる時間を早めるので是非利用してください。

歯の質の問題ですが、フッ素を塗布する方法があります。

お子様の虫歯予防にフッ素塗布が効果的なのは周知の通りですが、フッ素の効果はエナメル質のみならず象牙質に対しても若干ながら期待できますので大人のかたも利用したほうがよいでしょう。 軽度の虫歯において再石灰化を促す効果も期待出来ます。

プラークコントロールについて

基本的には歯周病に対する考えと変わりはありません。
歯周病に限定して歯磨きの仕方を考えた場合は、寝る前にしっかり歯垢を落とす事が出来れば問題はありませんが、虫歯予防を目的に歯磨きを行うのであればそれだけでは足りません。
歯周病予防のためには歯と歯茎の境目を磨くのが効果的であり、虫歯予防のためにはデンタルフロスを用いて虫歯になりやすい歯と歯の間を清掃する事が必要になります。
と言っても毎回デンタルフロスの使用は患者様によっては時間・労力そして根気を要する作業でもあります。
歯磨きは歯周病予防のために歯と歯茎の境目に焦点を置いて行い、虫歯予防に関しては食生活を改善した方が日常生活の負担にならないのかもしれません、と言うのは極論に過ぎるのでしょうか?

PAGETOP