賀来歯科医院HOME / 予防歯科 / 口臭予防

口臭予防

自分や他人の口臭が気になったことはありませんか?
誰もが気になる口臭。
爽やかな息になりたいと、いろいろ努力している人もいるでしょうが、そのやりかたは、本当に正しいのでしょうか?
間違ったやり方は、口臭をひどくするだけです。
正しいケアの仕方を知っておきましよう。

口臭の原因

口臭の主な成分は、揮発性硫黄化合物(VSC)で、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどがあげられます。
ちなみに、人が悪臭と感じる臭いは、スカトール(尿のにおい。
アンモニア、アミン類などの窒素化合物)イソ吉草酸(靴下のムレたようなにおいや、油の腐ったような臭い)メチルシクトペンテノロン(砂糖が焦げたようなにおいや、卵が腐ったような臭い)があります。
口臭の原因となる揮発性硫黄化合物は、メチルシクトペンテノロンに含まれます。

口の中の病気が原因のケース

  1. 歯周病
    歯周病により、歯肉から血や膿が出ているときは、強烈な口臭の元になります。
    特に、歯周病進行度が歯周ポケット(歯と歯茎の間の深さ)で4mm以上になると、他人が必ずといって良いほど口臭を感じるようになります。
  2. 虫歯
    一本くらいの虫歯が口臭の原因になることは少ないですが、虫歯の穴につまった食べカスは腐敗してニオイを出します。
  3. 舌苔(舌の上についてる白い苔)
    舌苔が過剰に付着すると口臭の原因になります。
    舌苔がいつも過剰に付着するのは、胃腸などのトラブルを疑ってみる必要があります。
  4. 唾液の異常
    唾液には、細菌を殺菌したり、洗い流す効果がありますが、口の中の粘膜が炎症していたりすると唾液の力が正常に働きません。 また、最近話題になっている「ドライマウス」は口の中が乾燥して、唾液の力が働かず口臭の原因になります。
    ドライマウスは、口呼吸、基礎疾患、代謝異常、ビタミン不足、長期にわたる薬物の利用によって起こります。
全身疾患が原因のケース

臓器が悪くて起こる口臭は、臓器から排出された代謝産物が血液中に溶け込み、呼吸によって排出されることによって起こります。 このほか、高熱が出たとき、鼻炎にかかったときなど、口で息をするために唾液が渇いてしまい、一時的に口臭がきつくなることがあります。
その他、慢性胃炎や胃のただれ(臭いゲップが出ることが多い)、気管支カタルなど呼吸器系の病気、蓄膿症、慢性扁桃炎、アデノイドなど耳鼻咽喉科系の病気(口だけでなく、鼻からの息も臭う)、糖尿病(甘酸っぱい臭い)、肝臓病、腎不全、白血病、癌なども口臭を伴うことがある病気です。

口臭の治療
  1. 虫歯や歯周病を治療する。
    歯周病の治療は、口臭予防に効果的です。口臭の50〜60%は、歯周病が原因であると言われています。
  2. 毎日のお口のお手入れ。
    歯磨きや、舌磨きをする。 舌苔の除去は口臭治療に効果的です。
  3. 洗口剤の利用も効果がある。
    洗口剤自体の消臭効果は微弱ですが、歯の汚れが抑制されるので、結果として、口臭予防になります。
  4. 一人で思い悩まず、歯科医院に相談してみる。
    虫歯や歯周病、口腔粘膜の異常が見つかることもあります。

PAGETOP